コラムアーカイブ

テック産業アナリスト-のと裕行のライフイノベーションコラム-11
エドテック(EdTech)× 未来の教育 = 新エデュテーメント時代の到来! ~パートナーと共に学び続けることが新たなエデュテーメント~

2020年4月11日 2020年4月7日、政府はスマートフォンなどのビデオ通話機能を使ったオンライン診療について、受診歴がない初診患者にも認めることを正式に決定しました。これは、新型コロナウイルスの感染が広がるなか、オンライン診療に...
コラムアーカイブ

テック産業アナリスト-のと裕行のライフイノベーションコラム-10
教育(Education)×テック(Technology)= エドテック(EdTech)② ~プログラミング教育はこどもたちの未来に向けたイノベーション~

2020年4月4日  2020年3月24日、トヨタ自動車とNTTが共同記者会見を開き、次世代都市「スマートシティ」のプラットフォーム(都市基盤)作りを共同開発すると発表しました。この2000億円スケールの資本提携は、コラムでも何度か...
コラムアーカイブ

テック産業アナリスト-のと裕行のライフイノベーションコラム-9
ノット9 『教育(Education)×テック(Technology)= エドテック(EdTech)① ~教育イノベーション~

2020年3月28日 2020年3月27日、萩生田文部科学省大臣は記者たちに、新学期からの学校再開について、「爆発的な患者急増は発生していないため、新たな要請などを行う状況には至っていないと考えている」と話されました。つまり現状では...
コラムアーカイブ

テック産業アナリスト-のと裕行のライフイノベーションコラム-8
ノット8 『大阪DX都市×テック=「テック特区」構想~大阪シリコンバレー計画~』

 2020年3月19日夕方、「3連休、大阪-兵庫の不要不急の往来自粛」というニュースが突然飛び込み、大阪で働く私や同僚たちは驚きました。しかし、それ以上に驚いたのは、大阪府の吉村知事と兵庫県の井戸知事の会見です。新聞社によっては、新型コロ...
コラムアーカイブ

テック産業アナリスト-のと裕行のライフイノベーションコラム-7
ノット7『DX都市×テック=SDGs国際未来都市~2030年というターニングポイント~』

2020年3月14日 2020年3月13日、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツさんが退任の発表をされました。「テクノロジーアドバイザー」としては関わる意向は示されましたが、経営からは退かれるそうです。今後は、自ら設立した財団で気候変...
コラムアーカイブ

テック産業アナリスト-のと裕行のライフイノベーションコラム-6
ノット6『大阪DX都市×テック=大阪デジタル通貨発行~万博から始めよう~』

2020年3月7日 2020年3月6日の新聞折り込みに自由民主党・市民クラブ大阪市会議員団が発行する「JiMiNSiMiN(じみんしみん)」の会報誌の中に『大阪スーパーシティ構想』という記事が掲載されていました。これは自民党が推進す...
コラムアーカイブ

テック産業アナリスト-のと裕行のライフイノベーションコラム-5
ノット5『DX都市×テック= 未来のライフライン~AI崩壊はしない~』

2020年2月28日 政府は、2月27日新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月2日から全国すべての小学校、中学校、高校などについて、春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する考えを安倍総理大臣がしましました。 そして、世界の...
コラムアーカイブ

テック産業アナリスト・のと裕行のライフイノベーションコラム#4
ノット4『未来都市×通貨テック=デジタルトランスフォーメーション都市』

2020年2月21日 2月18日の日経新聞電子版の記事に、財務省がこの春から羽田、成田、関西、中部など国際空港の6税関で、AI(人工知能)を使った不正な荷物をあぶりだす新システムを導入すると載っていました。いよいよ空港にもテック産業...
コラムアーカイブ

テック産業アナリスト・のと裕行のライフイノベーションコラム#3
ノット3『Facebookのlibra(リブラ)通貨でお金はどう変わる?③』

2020年2月8日 2月5日、フェイスブック ジャパンは、大阪府と包括連携協定を締結しました。フェイスブック ジャパンとしても都道府県レベルは初の協定で、今まで取り組んでいた「地方活性化支援プログラム」を活用し、「つながることで、今...
コラムアーカイブ

テック産業アナリスト・のと裕行のライフイノベーションコラム#2
ノット2『Facebookのlibra(リブラ)通貨でお金はどう変わる?②』

2020年2月1日 1月29日にFacebookが発表した2019年10~12月期決算は、売上高、純利益ともに四半期ベースで過去最高を更新とニュースになったが、米株式市場の時間外取引で株価は急落した。常に話題の欠かないFaceboo...
タイトルとURLをコピーしました